BRAND SITE

シルク製品のお手入れ

シルクについて

シルクは肌と同じタンパク質から出来ています。そのため、お洗濯は優しく手洗い、またはドライクリーニングし、必ず陰干しするなどの注意が必要です。正しいお手入れによって、シルク製品は長持ちし、身につけるたびに愛着の湧く一枚となります。

シルク製品のお洗濯について

DRESS HERSELFの製品は一部商品を除いて、ご家庭でのお洗濯が出来ます。

お洗濯1

30℃までの水温で、押し洗いが効果的です。洗濯機を使うときは、水または30℃くらいまでのぬるま湯に中性洗剤をよく溶かし、裏返してネットに入れ、弱流モードで洗ってください。

お洗濯2

よくすすいだ後、タオルで軽くおさえて水気を取りましょう。脱水機は使わない方が良いですが、ご使用する場合は軽く脱水してください。

お洗濯3

タンブラー乾燥はできません。洗いジワを伸ばし、形を整えて日陰で干してください。平干しならなお効果的です。長時間濡れたままで放置しないようにしましょう。

  • お洗濯時、色が落ちる場合があります。他の衣類と一緒に洗わないでください。
  • お洗濯後、濡れたままで長時間他の洗濯物と一緒に置いておくと、色が移る恐れがありますので、ご注意ください。また、濃色は色落ちの原因になりますので脱水時間を短めにし、干す時は形を整えて必ず日陰干しにしてください。
  • お洗濯後、濡れたままで長時間放置しますと、しわの原因になりますので脱水時間を短めにし、干す時は形を整えて必ず日陰干しにしてください。
  • シルクはデリケートな素材ですので、強めのもみ洗いはお避け下さい。
  • ドライクリーニングをご利用の場合は、シルクであること、またシミがある時はその位置や原因をお伝えください。
  • ウェストゴムのパンツなどを干す時は、ウエストを上部にして干すことをおすすめします。

シルク製品の収納・保管について

  1. シルクは湿気を含むとシワになりやすいため、着用後はハンガーにかけ、残っている湿気と熱を取り除きます。
  2. 長時間ハンガーに吊るすと伸びることがありますので、ご注意ください。
  3. シルクは紫外線を自ら吸収することで黄変します。直射日光や照明のあたらない場所に保管してください。
  4. クリーニング後はビニールを外し、風を通してから保管してください。防虫剤は直接布地に当てないことと、一種類にすると良いでしょう。

セーター・カーディガンのお手入れ

お手入れは、型崩れの心配がありますので、できるだけクリーニング店にお出しすることをおすすめします。
また、ハンガーでの保管は、肩が伸びて型崩れの原因になりますのでお避け下さい。たたんで保管することで、いつまでもきれいなシルエットを保てます。

カシミヤのお手入れ

カシミヤについて

カシミヤは、「カシミアヤギ」から取れた毛、または、それから織った毛織物のことをいいます。カシミヤ山羊は中国北西部や、内蒙古、外蒙古、イランなどで産出されています。カシミヤは他の獣毛繊維と比べても非常に細くしなやかでお肌への刺激が少ない繊維のため、肌ざわりは非常にソフトで柔らかです。加えて外気を遮断し放熱を抑える特長をもったカシミヤは、暖かな空気をため込みとても快適。さらに空気中の水分の吸収・放出を行うことで一定の快適な温度を保ちます。繊維表面は突起が少ないため美しい光沢感を生み出し、伸縮性・弾力性に優れているので型崩れしないという特長があります。良いことずくめのカシミヤですが、毛玉が出来やすいのと、非常にデリケートな素材のため、他の毛織物よりも定期的なお手入れが必要です。

カシミヤ製品のお洗濯について

カシミヤ製品はご家庭でも洗濯できますが、心配な場合はカシミヤのクリーニング実績が多いお店にお願いしてください。

    【お洗濯の前に】

  • お洗濯前に洗濯表示をご確認下さい。
  • 水温は必ず40℃以下の温水を使用してください。
    ※水温が高すぎると汚れは落ちやすいですが、縮みの原因となります。
  • 短時間で1枚づつ優しく洗うようにしてください。
    ※長時間の洗いは縮みと毛羽立ちの原因となります。また他の衣類と一緒に洗うと摩擦が起こり縮み・裂傷の原因となります。
  • お洗濯前に洗濯表示をご確認下さい。カシミヤ製品に付いた毛玉やホコリを事前に取り除いてください。
  • お洗濯前に洗濯表示をご確認下さい。カシミヤ製品を裏返しにしてから、お洗濯を行ってください。

◇ 手洗いの場合

  1. 40℃以下の温水、または洗剤が溶ける程度の常温・冷水をご用意ください。
  2. ウール用洗剤を投入してください。
  3. 10分程度浸け置きしたのち、一枚づつ優しく押し洗いを行ってください。
    ※部分的に汚れが目立つ場合は、指で軽くもみ洗いしてください。
  4. 汚れが落ちたら柔軟剤をかけ、綺麗な水で洗剤が落ちるまで2~3度濯ぎをしてください。
  5. 洗い終わったら一枚づつ脱水機にかけ(1~2分目安)、水気を取ってください。
    ※手絞りは縮みの原因となるためお止め下さい。
  6. 脱水後は形を平らに整えて、平干台・タオルなどの上で自然乾燥を行ってください。
    ※なるべく風通しの良いところで干してください。
    ※乾燥機の仕様はお止め下さい。縮みの原因となります。

カシミヤ製品の収納・保管について

  1. 清潔な状態で保管する事が大切です。着用後は形を整え毛並みにそって柔らかめの天然繊維のブラシでブラッシングし、ホコリや汚れを落とし、よく乾燥させてから保管してください。
  2. 湿気はカビの原因となるため、クリーニング返却時の袋は取り外して保管してください。
  3. なるべく空間のある風通しの良い場所、もしくは乾燥剤を使用して保管してください。
  4. 防虫剤と共に保管してください。防虫剤は保管場所の上部へおいてください。なるべく1種類の防虫剤をお使いください。

○毛玉が出来た場合

毛玉が出来た場合は、毛玉を無理やり引っ張らず、手で優しく取り除いてください。動物繊維のカシミヤは毛玉が出来やすいため、毛玉の除去はカシミヤのお手入れの一環として行ってください。

○シミが付いてしまった場合

カシミヤにシミが出来てしまった場合、そのシミが虫食いの原因になる場合があります。心配な場合は早めにクリーニング店にご相談ください。
すぐに対処したい場合は、柔らかめのタオルに薄めた洗剤を付けて、シミの部分をふき取り、水に浸したタオルで洗剤を綺麗にふき取ります。終わったら日陰干しをし、水分が残らないようしっかり乾燥させてください。

靴下のお手入れ

靴下のお洗濯について

靴下は毎日身につける身近なアイテムですが、正しいお手入れをすれば、お気に入りのアイテムを長くお使いいただけます。

  1. 洗濯機で洗う場合は、裏返しにしてランドリーネットをご使用ください。
  2. 漂白剤(塩素系・酸素系)や、漂白剤入りの洗剤は使用しないでください。傷めたり、変色の原因になることがあります。
  3. 毛やシルクの素材はぬるま湯と中性洗剤で洗うようにお気をつけください。
  4. 生成り、淡色物の場合は蛍光増白剤の入っていない洗剤を使用してください。
  5. 濃色物の場合は、色移りする可能性がありますので、白や淡色物と分けて洗ってください。
  6. 直射日光は、黄ばみや色あせを引き起こすことがありますので、履き口を上にして陰干ししてください。
  7. タンブラー乾燥(乾燥機の使用)はお避けください。
  8. 素材、編み方の特性上、洗濯機が使えない場合があります。手洗いの際は、30℃前後のぬるま湯で押し洗いをしてください。